移動平均線を使ったFXの手法

FX取引は色々な手法がありますが、移動平均線を使った手法が一番簡単だと思います。

 

初心者にも分かりやすく、移動平均線だけで利益を出している方もいます。移動平均線は、今トレンドが出ているのか、もみ合いなのか判断することができます。複数の移動平均線を使っている方が多く、5日や25日、50日や75日がよく使われています。5日の移動平均線は短期のトレンドが分かります。50日や75日は長期のトレンドが。

 

複数の移動平均線が同じ方向を向いている時にトレードすると勝率もよく儲けることができます。よく移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスで取引している方もいますが、クロスしてからエントリーすると遅い時もあります。

 

ゴールデンクロスやデッドクロスも有効だと思いますが、価格を見極めることも大切です。移動平均線を使った手法は他にもありますが、結構使えると思います。

多くの人が利用しているFX

FXトレードは資産運用するのには持ってこいの方法になります。リスク管理さえできれば、安定収入も得ることも可能になります。FXトレードのスワップ金利をメインで狙うトレードもあり、スワップ金利を狙う場合は安定した利益を期待することができます。

 

為替取引は市場が巨大なマーケットになっていることもあり、基本的には急激な変動はなく、安定した動きがほとんどになってます。為替を売買する方法として、FX自動売買というものがあり、全てのトレーディングを全自動でおこなってくれるシステムなども存在しています。

 

為替トレードは世界各国で流行っているもので、多くの人が実践しています。うまく立ち回ることができれば、自宅にいながら不労所得を得ることも可能になりますし、精神的不安や肉体的負担がないまま、人生を過ごしていける可能性を秘めた金融商品です。

FXの取引で大切な事

FXの取引で大切なのは、資金管理と損切りの徹底だと思います。損切りが遅れて、含み損が増えていってもいつか戻ると思って待ってしまうのは厳禁だと思います。

 

含み損が増えていくと、不安な気持ちがどんどん増していきますし、正常な判断ができなくなってしまいます。損切りが遅れないようにする為にも、ポジションを持ったらすぐに逆指値を入れておくといいと思います。損失を限定してしまえば、それ以上含み損が増えていく事もなく損失も少なくてすみます。

 

私は以前、損切りが遅れてロスカットされてしまった事があり、それ以来必ず逆指値を入れるようにしています。

 

取引をしていれば、逆指値にかかる事もありますが、大きな損失を出す事がなくなり、少しづつ利益が増えていきました。FXでの取引をする時は、必ず損切りを徹底するという事が大切だと思います。

スプレッドを気にしなくていい?

中・長期間に渡ってポジションを保有するスワップポイントを狙った取り引きにおいて、トレーダーはスプレッドを気にするべきなのでしょうか。
答えはノーです。ただし、極端にスプレッドの幅が広くなければ、という条件付きですが。

 

スプレッドはご存知のように通貨を売るときと買うときの値差のことです。この数値が低ければ低いほど、トレーダーに有利になります。なぜならスプレッドは取り引き1回毎に取引手数料のひとつとしてかかってくるものなので、スプレッドは狭ければ狭いほどトレーダーの負担が減るものだからです。
ですので、特にデイトレードやスキャルピングを好む短期型トレーダーは1日の取引回数が非常に多いので、スプレッドの幅が重くのしかかってきます。そのため、短期型トレーダーはスプレッドに要注意して業者選定をするべきでしょう。

 

逆に取引回数が多くない中・長期型のトレーダーはスプレッドを気にする必要はあまりありません。なぜなら取引回数が少ない分、かかってくる負担がほとんどないからです。もちろん、極端にスプレッドの幅が広がっている業者は要注意となります。決済するたびに負担がかかっては利益が減ってしまうからです。中・長期型の人はとにかくスワップポイントに注意を向けた方がいいでしょう。また、長期間ポジションを保有するため、自己資本規制比率が高いなど信頼の置ける業者を選ぶことも大切です。

 

スワップポイントは高く、スプレッドが狭い。こういう業者が理想ですが、大体は一長一短があるため、都合のいい業者はそうありません。ですので、FXを始める際に決めた投資スタイルに最もマッチする業者を選べば問題ないでしょう。スプレッドを気にするのか、スワップポイントに注目するのか、それはトレーダーの取引手法次第です。