勝手に取引してくれる最近話題のFXシストレ

最近、よく広告を目にする「FXシストレ」。
なんのこっちゃ?と思っていたのですが、某ポイントサイトでなんと、「今、シストレ口座を開設して取引すると、20000ポイント!」というキャンペーンを開催していたので、ついうっかり申し込んでしまいました。

 

申し込んでから、遅まきながらシストレについて調べてみました。
調べて納得、なるほど〜。
例えるとするならば、今までのFXが「自分で走る」のに対して、シストレは「馬を選んで走らせる」競馬みたいなものですね。

 

「この馬(プログラム)なら走って(儲けて)くれそうだ!」というプログラムを選んで、あとはお金を勝手に運用してもらうわけです。
いいプログラムを選べば、もうすばらしいです。
寝てる間に、仕事してる間に、勝手にお金を増やしてくれます。いいですね〜。
でも、そうでないと・・・なんと、勝手にお金を減らしてくれます。
さて、結果はどうなることやら。

シストレのスプレッドについて

24時間いつでも自動でFXの売買をしてくれるシストレに興味をもって、口座を開設してみました。
世界中の多くの自動売買プログラムから厳選されたストラテジーを無料で選択し、組み合わせて使えるというのはなかなかすごいですね。
ただ、やはりスプレッドの広さがちょっと気にかかります。
通常のFX口座のスプレッドがドル円で最狭0.3銭-0.5銭くらいだとすると、シストレのFX口座では平気でその10倍はとります。
スプレッドが広いほど、ちょっとづつですが一勝負事に着実に儲けが減るわけで、勝率も微妙に下がっていくわけです。

 

それを思うと、「シストレ口座でストラテジーの売買シグナルを受け取る」そして即座に「通常のFX口座で売買シグナルどおりの取引をする」というやり方にすれば、狭いスプレッドで取引も可能ですが・・・これじゃあ、全然「自動売買」の意味がないですよね。

FXシストレのスプレッド比較を見てみる